「あの方はきっと戻ってきます。…ご短気はなりません」
「うん、私もそう信じている。きっと帰ってくる。
 だから、できることだけはやっておきたい。願わくば…私が詔書これを紙屑にしないよう振る舞えるといいのだけれど」

 王太子ツェサレーヴィチアリエルはその言葉を成就させる。
 陽光消ゆ。アリエルの覚悟を背負い、リオライは宰相と対峙した。

Next「南海の風神」

「篝火は消えない」メインストーリー第3章。
ミティア嬢やリュース、初稿から名前があったにもかかわらずほとんどすっ飛ばしでした。彼らについてもきちんと書きたいと思っていましたが、ようやくカタチにすることが出来そうです。

 アリエルがその全てを賭けた停戦の発効。重たいお話にはなりますが、お付き合い下さい。

千柳亭春宵

2020.8.1