ツァーリの軛を断ち切る為に自分ができることがあるというなら、そうしよう。神官府が、大神官であるリュドヴィックが、アレンの後身たることを自分に望むというならそれに応えよう。
 戦に身を投じることによって、自身の望みを叶えられると…アンリーは信じた。何を犠牲にすることになるか、その時は知る由もなく。
 シェノレス編完結。

 シェノレスサイドの完結編。
 重くてツラい…でも此処をちゃんと書いておかないと次に進めないので、気合と根性いれました。
 とことん色気のないお話ですが、ここにきて女の子も登場。ただそれで色気がでたかというと…ごめんなさい。
 ともあれご高覧に供します。ご意見ご感想等頂ければ幸甚。
 

千柳亭春宵

2020.12.24