「ぶっちゃけ、イサナをネタに恋バナ咲かせられるチャンスなんてそうないもんねー♪」

 くふふ、と忍び笑いしたのは…さて誰でしょう。
 時系列としては「てのひらの赤い月」の後ということになりましょうか。ある平穏な夏の日の出来事。カヲル君視点ですが、メインはイサナ…かな?

 つくづく、「サクッと短編」というのが苦手です。こんな思いつきのオハナシぐらい短くまとめろよと自分でも思うのですが、いろいろ盛りたくなった結果、最終的に原稿用紙にして50枚overという次第。嗚呼、 已矣乎やんぬるかな