先月末で腹帯をして、ふと気がつくと腹囲がえらく大きくなっていた。そろそろ重心線が移動するのか腰痛が頻発1し、屈み動作にやや困難をきたすようになった2今日この頃である。

 腹帯は結局ショッピングセンターのマタニティコーナーにあることが判明、こういうものは妊婦の母親が面倒見るものだそうで、母が購入してくれたものを有難く拝領した。当然儀式てなものはさっぱり省略、祖母が仏前に供えてお経を上げた後3で、フロ上がりに装着した次第である。ここまでくると身も蓋もないかもしれないが、前回書いたように儀式の大仰さと安産は比例しないらしいので別に構わない。

 で、問題の腹帯であるが。
 昔ながらにサラシを巻く場合を除き、ハラマキ様のものとガードル様のものに大別されるらしい。就業している場合にはガードルがベターなのは言うまでもないので、そこは上手に使い分ける訳である。一説によるとサラシもそれなりにあったかくてよいらしいが、何分にも解けかけてしまうと大変なので外出時には向かないとのことである。4

 この時期になるとさすがに胎動を感知できるようになる。腹の中でごとんごとんと丸太でも転がすような感触がするというのも割とキツイものである。仕事中は尚更(笑)まあ、元気な証拠と思えばキツさも半分だが。

 食事については、摂れるが時に吐く、というあたりまで落ち着いた。ともかくも料理が出来るようになったのは有難い。暖かくなって全体に活動性が上がっている所為もあろうが、時間も体力もないくせに最近やたらといろんな料理に挑戦してみたくなる。被害者は旦那であろう。以前どこかで書いたが、柳の料理の腕は壊滅的である。ははは。(<笑い事か?)

  1. この頃、腰痛についてもういっぺん勉強し直しました。正直、このことは後日柳の仕事上にも大変なプラスになったと思います。
  2. 腹囲としては外見的にあまり判らないレベルでも、実直に圧迫感が半端ありません。
  3. おそらく本来神道系の儀式と思われますが…そこは突っ込まないでおきました。いーんです。気はココロ。
  4. これは同時期に妊娠していた友人からも聞いた話。外出先のお手洗いでかなり難儀なさった由。