「篝火は消えない」西方シリーズの第2話「西方奇譚」修正upload開始です!
当初「綺譚」という字をあてていたのですが、意味を調べてみると「綺」という文字には…

①あや。あやぎぬ。あや織りの絹。
②うつくしい。きらびやか。はなやか。
③いろう。干渉する。
※詳しくは漢字ペディアあたりのページを参照してください。

という意味あいなのですね。…あかん、完璧に間違った。つけた当時はそれなりに意味を考えてた筈なのですが、正直今見直すと…サーティスのドロドロな過去話ですから。ウツクシクもハナヤカでもないです。今にして思えば、JETさんの「綺譚倶楽部」に影響されたと思われますが…(<今でもFanです!「倫敦魔魍街」最高!今調べたら「綺譚倶楽部」も2013に新刊が出ている!しかし何故にKindle?)
というわけで、改訂版については「西方奇譚」と改めることにしました。
サーティスとエルンストの邂逅譚。画像は件の豪雨の際に撮ったものです。車軸を流すが如き豪雨の中、暢気に写真なんか撮ってた柳って…あの時はあんな大事になるとは思わなかったんですよぅ…。

西方奇譚