先月末、時期も丁度良くなったのでNovel-3 の「すべて世はこともなし」のシリーズ、旧サイトで公開したものとしては最後になった「always and forever」をアップロードすることにしました。

しかし!使徒連中の立ち回りはともかくとして、今回のメインテーマ(笑)である「外道親父の後始末」および「タカミ君の告白の行方」について…なんだか納得いかなくなって急に加筆修正を思い立ち、それまで毎日ペースでアップしていたのがぱったり停まってしまったのでした。

はい、がっつり書き足しました。外道親父を微細に描写したかったわけでは決してないのですが、書くのを躊躇ってるとかえって何があったのかわからないなぁという反省があったのがひとつ。

もうひとつは…やっぱりタカミ君です。
「御使~」で告白コクる寸前に力尽きてしまった可哀想なタカミ君になんとか今回は倖せになって欲しい!というのが本来「always~」のコンセプトだったのですが、なにせ柳、色っぽい話が苦手で。一年経って読み返してみるとやっぱり何か中途半端な気がして、ここはひとつ、ちゃんと書こう!と奮起した次第。…ちゃんと書けたかどうかは…とりあえずお読みくださいませ。バレンタインまでには間に合わせますので。

それと、おおらかすぎるカウンターはやっぱり削除しました。どうにもやっぱり柳が原稿書いててプレビューをリロードするのさえ拾っている気がするのです。ちょっと足下がすーすーしますが、ここはSimple is Bestってことで。