目次をつくる①は、昔ながらの(要するに旧サイトでもやってた)ずらずらっと章を並べたページからリンクを張る、という方法についてのお話をさせていただきました。しかしまぁ、いい加減面倒臭いのと今ひとつ地味なのとで、もう少し面白いのはないもんかな、と探していたのです。

いや、探してみるもんですね。
「Child Pages Shortcode」というプラグインです。要は子ページの一覧をショートコードで出力するというもので、アイキャッチ画像を設定していればそれも一緒に出力してくれるという便利なシロモノです。
 固定ページや投稿に「抜粋」なる機能がついていたこともこのプラグインに手をつけてみて初めて知りました。
「抜粋」とは、自分で作成するページの要約で、固定ページ・投稿ページの編集画面・表示オプションの【抜粋】にチェックすることで入力できるようになります。この文章を、ショートコードに属性をつけることで表示させたりさせなかったりすることができるのです。

うちのサイトでいうとこんな感じです。別窓で開きますよ。
1)Simple is bestってことでタイトルのみ。うちはこれが基本になろうかと思われます。
  例:「百物語」 「楽園に寧日なし」
2)抜粋とアイキャッチ画像も表示させる形式。多少賑やか?
  例:千柳亭画房 「I wish your happiness」

カラムやボックスの大きさも属性で指定ができます。色もつけられるらしいのですが柳の環境ではうまく機能しなかったのでさっくり諦めました。

うちのサイトがパンくずを機能させるためにきっちり親子関係作ってますというお話は前にいたしました。ですから目次ページ(親)から子ページ一覧を出すことで目次ができあがるという寸法なのです。
これで、目次ページに件のショートコードを貼っておきさえすれば新しい章を追加する度に自動的に目次が作成される! これはなかなか画期的です。並びは作成順ということになるのでNovel-3のトップのように順不同でアップロードするものはやはりリンク形式というのが妥当なのですが、そこは使い分けですね。

2019.6.20追記

サムネイル表示について


目次にアイキャッチ画像のサムネイルを付けられるのがこのプラグインですが、呼び出す子ページのうち一つでもアイキャッチの設定があると、すべての表示にサムネイルのエリア(設定されてないものは空白)が付加されるということがわかりました。ま、当然っちゃ当然ですよね。
「世はすべてこともなし」はサムネイルなしの目次のつもりでつくっていたのに、この間見てみたらいきなりサムネイルエリアが。これは何?と調べてみると、後から付けた「後書き…っぽいもの、 あるいは今更設定資料集」に手違いでアイキャッチ画像をつけていたのですね。アイキャッチを削除したら普通に文字だけの目次に戻りました。やれやれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です