実直に、「千柳亭書房」の固定ページ数は既に200を越えています。(2018.10.25現在)
新しいページをつくるなら【新規追加】をポチッと押せばいいだけなんですが、つけたスラッグを確認したり、番号やレイアウトを確認しようとすると…既にして前に作成したページが何処にあるのか探すのが一苦労という事態に陥っていました。
一応固定ページの編集画面には【固定ページを検索】という検索ボックスがついてはいるのですが、動作がイマイチ微妙。これがHTMLなら小説部屋ごとにフォルダ分けしておけば早い話なんですが、前述のようにWordPressの固定ページにはそういう概念がない。
表示順だのプラグインだのいろいろと探してはみましたが、どうもコレというのがありませんで…難渋していたところ、こちらに行き着きました。

WordPressの固定ページでカテゴリーやタグを使えるようにする方法 別タブ注意

大変わかりやすくて助かりました。
要は投稿ページにあるようなカテゴリーやタグを固定ページにも適用させるということのようです。ただ、テーマのfunctions.phpを弄る方法となりますので、バックアップをお忘れなく。functions.phpだのwp-config.phpだのを弄る方法については、「サイト真っ白!」事件からこっち、柳としてもかなり慎重になりました。プラグインが低リスクとは限りませんが、プラグインよりもかなり覚悟が要るのは確かですね。

お陰様で小説ページについては小説部屋ごとにカテゴリ分けすることでかなり見易くなりました。Novel-3のように長編も半端なく多い場合、さらに下位にシリーズごとのカテゴリをつくることで随分と検索の効率化をはかることができます。

…というわけで、せっせと移植に励む柳でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。