大上段振りかぶっておいて難渋しているのが千柳亭書房エンサイクロペディア。要は各小説部屋に点在する設定資料とかキャラ小咄を一括して管理しようという目論見だったのですが、これがなかなか一筋縄ではいきません。

 まず区分として、小説部屋。それから人物系と設定系。一応つけたいオリジナル/半オリジナル/版権モノの別。これらをカスタム投稿タイプで管理すべく骨組みを作ったのですが、思ったように表示させるのは難儀なものです。

 目次ページを作ってリンクさせるだけならいいのですが、やっぱり同カテゴリの記事は連続で読めるようにしておくのが親切というものでしょう。この「WordPressで小説サイト」や「柳の寝言」は内部にカテゴリを持ちませんので、「ページをめくる」で言及したprevious_post_link(); next_post_link();といった方法で簡単にページをめくるようにして次の記事へ移行することが出来るのですが、「エンサイクロペディア」はそうはいかない。Novel-1とNovel-3のキャラが混在で出てきては非常に具合が悪いのです。上記にオプションをつけることで同一カテゴリの記事だけを拾う方法もあるようなので、それも試してみたのですが・・・うまくいかない。この原因が実はまだ不明です。

 結局エンサイクロペディアに関しては当面インデックスから飛んでもらう方法をとることにし、ページ送りを削除しました。

 何かいい方法、ないもんでしょうかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。