WordPressが5.3となりました。(2019/11/13)
 バージョンの数字がア.イ.ウとあって、アは大幅な改良、イが機能追加、ウは軽微な不具合の解消のときに上がる数字だそうで、Wordpress5.0になるときの大騒ぎと、その後の地味な機能追加を思えば大体合点がいくところです。
 5.2になったときにClassic Paragraphとかいうのが追加され、暫く扱いに困ったという話は「小説本文ページをつくる⑤(続・エディタの話)」でいたしましたが、その他は実のところ殆ど気づいてないというのが正直な処です。

 ところが!今回5.3になった途端、困った事態が起こりました。まあ、柳が困ると言ったらエディタの動作ぐらいしかないのですが。
 柳は現在、(本稿と寝言を除き)一太郎で文書を作成し、WordPressのエディタにコピー&ペースト後体裁を整えるという手続きを踏んでいます。有り体に言えばWordPressのエディタを心から信用するに至ってないから(書きかけでフッ飛ばれたらシャレにならない)なのですが、この際に件の「Classic Paragraph」に一括で放り込み、ブロックへ変換しています。(直接段落ブロックに放り込もうとすると画像として取り込まれるという謎な現象が頻発したのです。あれにはくたびれた…)
 大体、区切りごとに段落として認識されるようで、変換すると数個の段落ブロックにされます。ところが、末尾の方のブロックを編集しようとすると問答無用で文頭へスクロールしてしまうようになりました。
 これは難儀。
 実は本稿を打っているこの状況でも、その強制スクロールが起きてしまってこれ以上長い文章を打てそうにないのです。正直な処、柳のようなド素人にはお手上げな状況です。そんなわけで、この問題が解決するまでは天キャベさえアップデートが困難な状態になりそうで…今暫くお時間をいただければと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。