WordPress5.4がリリースになりました。
 前回(5.3Crisis)のことがありますので慎重にいきたいところではありますが、なんとなればまたダウングレード1すればいーやという至って安直な見通しでとりあえずUpdate。
 さしあたってブロックエディタのカーソル位置不具合については修正が入ったようなので、このまま続行することにしました。

 しかしいつまで経っても改善されないのが段落ブロックへのショートコード挿入法方です。ショートコード単品を独立ブロックで…というなら再利用ブロックにしてボタン一発挿入、というのが簡単なのですが2、段落ブロックの文章内にココからココまで!といったように指定・挿入…言ってみればAddQuicktagのような動作でショートコードが挿入できるといい。
 まあ、なにがやりたいって…註釈(footnote)なのですよ。ブロックエディタの注釈って単にちょこっとフォントが小さくなるだけで、柳のイメージする註釈とは一寸違うのです。ブロックエディタデフォルトの註釈ってこんな感じですね。

 無い物ねだりしてもしかたないので、今は再利用ブロックに「Easy Footnotes」のショートコードを記述したものを呼び出して貼り付けておき、必要に応じてコピペするという些か前時代的なことをやっております。以前は段落ブロックをクラシックブロックへ変換するのがボタンひとつだったので、註釈付けるときは一時的にクラシックブロックへ変換して註釈を入れていた時期もあったのです3が、現在(5.4)は段落ブロックからクラシックブロックへの変換ができない(もしくは手数が増えた?)ようなので、上記のように再利用ブロックをパレット代わりにしています。
 誰か、段落ブロック上でボタン一発インラインでショートコードを突っ込めるツールってご存じありませんかねえ。

 それと5.4から、段落ブロック内の一部分だけテキスト色を変更するボタンがつきました。あとカバーブロックにグラデーションが付けられるとか。それはそれで嬉しいんですが。

こんな感じでグラデーション

色がイマイチなのは柳の色彩感覚がいーかげんな所為です

 それから、ボタンもついちゃうと。
 増強した(嘘)エンサイクロペディアもよろしくお願いしますってトコロでボタンつけてみました。

 まあ、少しずつ慣れていけば新たな工夫もできるかと。
 とりあえずは頑張って小説書きましょうか(笑)

 全く関係ありませんが…
 柳が今年2月~4月上旬に撮った写真がSDカードの不具合で全部吹っ飛んでしましました。今年の桜はもとより、いつもは無愛想なこの猫(近所のドラ猫)のちょっと可愛いショットもあったのに残念です。これは去年の写真ですが、この胡散臭げにこちらを見ている、いかにもドラ猫風な隙のなさがよろしい。

  1. 5.3Crisis…WordPressが5.3になったときに原因不明のブロックエディタ不具合がありました。どうしようもなくてプラグイン「WP Downgrade | Specific Core Version」で5.2.4.までダウングレードして対応した経緯があります。緊急避難!5.3Crisis参照
  2. ただ願わくば再利用ブロックがもう少し利用しやすいところに出るといいなと…再利用ブロックってブロック挿入パレットの一番下ですから
  3. クラシックブロックはAddQuicktagが使えるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です