WordPressが5.7になりました1
 アップデートというと、今まで散々イタい目をみているので…基本的には情報集めてから慎重にやるはずなのですが、今回は気が付いたらアップデートしていました。一杯加減のときだったのでしょうか。幸いというのか大きな不具合もなく、その代わりと言っては何ですが吃驚するような新機能も今のところないようです。つくづく、WordPressのアップデートは毎度スリリングですね。

 さて、ブロックエディタになってからもう随分になりますが、現状の問題点について少々。
 あくまでも小説サイトを作る上で、という話なので、一般的な使い方からは少々外れるということをお含み置き頂いた上でお読みくださいまし。(<今更)

 ルビに関してはプラグイン【WP-Yomigana】をいれておけば、選択→【CTRL】+【ALT】+Rキーでダイアログが起こせるということがわかりましたので、段落ブロックから動くことなくサクサクルビを振れる状況です。これは何も問題なし。
 何が面倒って…註釈(Footnotes)です。
 そんなもんつけんでいい、読む方が面倒くさいわ、といわれそうですが、註釈をつける で長広舌ぶちかましたようにこれも千柳亭春宵の物書き的コダワリですのでどうにも棄てられない。あ、読む方が面倒臭いという向きは遠慮なく読み飛ばして頂いて結構ですよ。はい。
 現在当サイトでは註釈を【Easy footnotes】というプラグインを使って、段落ブロックに書き込んだ註釈をショートコードで囲む事によって記号に置き換え、文中でホバー、リンクを付けて文末にまとめて表示しています。要は段落ブロックにショートコードを直接挿入するのですが、これが存外難しい。
 現在は再利用ブロックでショートコードを呼び出し、段落ブロックに変換してさらにそこからコピペ…という段階を踏みます。が、言いたかないけど手数が多すぎてイマイチ勝手がよろしくありません。2引きつづき、これは課題ですね。

 もう一つ、面白そうだけど使えないのが「改ページブロック」
 エディタ内でブロックとして挿入すると、長いページを自動でページネーションつけて分割してくれるというシロモノなのですが、惜しむらくはページネーションのカスタマイズ方法が判らない。基本、数字がずらっと並ぶだけなのですが、この数字をもうちょっと目立つようにCSSで修飾する方法が見つからないのです。他のブロックみたいに、「高度な設定」「追加CSS」なんてのができると良いなと思うのですよ。一応使ってみて、ページネーションも確認してみたのですが、表示があまりにも味気なくて使う気になれなかったのでした。
 本来「妖精の森」は1ファイルで作り、改ページブロックを使ってページネーションさせるという密かな野望がありました。しかしちからいっぱい挫折して今まで通りファイルを分割したというオチがついております。残念…

 それとすこし困るのが、再利用ブロック。
 便利な機能ではあるのですが、迂闊に編集すると同じブロックを使ったページが全て書き換わる(いや、元々そういう仕様のものなんだって…)ので注意が必要です。弄るときには必ず通常ブロックに戻してから、というのをしっかり習慣づけないと色々コマッタコトになります。
 …ま、有り体に言えばもうやっちゃったんですが。コマッタコト3…(笑)

  1. 2021年3月9日のことだそうな。
  2. 再利用ブロックのままでコピペしようとするとうまくいかないのですよこれが。
  3. 小説区切りの***を含む「小説区切り」という再利用ブロックを作って多用していたのに、うっかり書き換えてしまって大慌てしました。まあ、「再利用ブロックの管理」というところから修正かけたらすぐ戻るのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。