[su_spacer size=”80″]

花に逢う             
凍てついた空気の         
霜の降りる場所さえない      
コンクリートの狭間   

     

花に逢う             
見上げた枝が           
薄青い曇天を区切り        
寒風に叛旗を翻す

         

花に逢う             
病院の壁と同じ空から       
しゃらしゃらと          
雪が降る 

            

花に逢う             
白く薄い花びらが         
雪片を受け止めて         
ゆれた 

             

花に逢う             
たったひとり           
知る人とてない遠くの土地で    
旧友に逢った  

         

一月の暮れかけた曇天の下  

 

[su_spacer size=”160″]
[su_note note_color=”#ededec” radius=”1″]1993,1,19
暗澹たる時代の所産。[/su_note]